生活を見直してみる

ほうれい線はコラーゲンやヒアルロン酸が減量して肌の水分量が低下することや、表情筋が衰えてきて脂肪を支えきれなくなることで起こります。
頬の肉がたるまないようなスキンケアをしたり、表情筋エクササイズをすることでほうれい線改善ができます。
スキンケアは保湿効果のある美容成分が入っているアイテムをたっぷりと肌に染み込ませるようにします。
乾燥するシーズンは特に保湿ケアをこまめに行うことが大切です。
保湿系の化粧水、そして乳液や美容クリームなどを塗ることでスキンコンディションを整えることができます。
化粧品を使うときは肌に負担をかけないように優しくつけることも大事です。
強くマッサージをしすぎることでたるみを引き起こすこともあります。

肌に潤いを与えるのに効果的なのがパックです。
化粧水や美容液がたっぷり染み込んだ潤いパックを使うことで、うるおい度がアップします。
市販されているパックは高額なものが多く、5枚入って1万円くらいするものもあります。
しかし、大き目のコットンに手持ちの化粧水を染み込ませたコットンパックでも十分に効果があります。
コットンパックをする場合、最初にコットンに軽く水を含ませて湿らせておくのがコツです。
湿ったコットンに化粧水を含ませることで、乾いたコットンに染み込ませるよりも使用する化粧水の量を減らすことができ、経済的です。
化粧水は安いものでも効果があります。
顔だけではなく、フェイスラインから首元にかけてもパックをすることでたるみ改善に効果があります。